感覚の垢をみがく

ストレッチと深呼吸と骨組み確認=リラックス、のためですが、
基本的なことをつづけています。

ゆっくりあるく
すっすとあるく
…と、いろいろなパターンであるく

腕をあげる・さげる
指をうごかす

たつ
すわる
(はやく・おそく)

くびの角度を変える
目線を変える

心境をかえる

もちろん、ぜんぶ、舞台にたっていると思ってね。
物理的な舞台ではなくて、自分のステージってことですね。
ブランクありすぎて、まだまだ隙だらけな感覚がしますが。

けっこう面白くって、あるくだけで、時間が過ぎます。

色々な国の踊りのポジションは、うーーんけっこううろ覚えになってきたなぁ。
ぼちぼちテープを聴いたりビデオ観たりできる気がおこってきたかな。

友人が、メールで格言くれました。
「社会で、じぶんがどういう立場になりたい、とか思うんじゃなくて、
今ある自分を、社会にどうつなげていくか」

ほんとに、30にもなって、そんなことがなかなかわからないなんてね。☆
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-05-21 10:27 | 雑談

ブログ移転

妊婦ブログ、移転しました。
(コメントせっかく下さっていた方、ごめんなさい!)

やわらなかな暮らし Ikehiro's maternity diary
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-05-05 12:38 | 雑談

おどる

半年ぶりに、こころから、おどった。
おどれた。
昨秋から、論文でイライラ。
妊娠して、思うように動けなくてイライラ。

ほんの数分間なんだけど。
ハタからみたら、妊婦が立ってるだけだったのかもしれんけど。
おどった。
この、感覚だ。
そうだ。
この感覚をかんじないわたしなんて、ほとんど抜け殻同然。
表現しない自分なんて、存在しないも同然。
存在自体がうしろめたい。
かえってきた。

すう  はく
呼吸が ふかくなる
呼吸を 調節する
ぬく とめる いれる だす ながす
あごが しぜんとひきしまる
からだに1本 線がとおる
感覚が 天へ ぬけていく
チェストがひろくおおきくなり、肩の力がぬけおちていく
足裏の感覚が、かぎりなく敏感になる
関節が よろこんでいる
指先が 生きかえる
腰が はいる
腰を つかう
肚が すわる

感動して、涙があふれてきた。しばらく大泣きしてしまった。
「嬉しい」とは、ちがう。感動ということばしか思いつかない。

なにに感動したんだろう。

おどることのすばらしさに。

自分を、自分のからだの細部細部を感じ、うごかし、
そして"あるべき位置・あるべきかたちに在る”
つまりあるべき自分が在る、という状況と心境になることの、
そのこの上ない幸せ・充足感のすばらしさに。

そういうふうに、未だ!感じることが、できる自分に。

そして、そういう自分を形成してくれた、数々の出逢いと導きに。

感動。かんしゃ。

なんだ。
わたしは、だいじょうぶだ。

マタニティ・ヨガの本買っても、いまいちやる気になれんかったけど。

わたしにとって、
おどりはストレッチであり、ヨガであり、整体であり、瞑想であり、呼吸法でもあり、
なんだ。そんなかんたんなことに、気がつかなかった。
毎日何時間もおどっている頃は、おどることはかんたんで、あたりまえで。
こんな、ありがたくて、
こんなにたいせつなものが自分に備わっているなんて、気がつかなかった。

そして、ほんとに、そういうふうにわたしが成ってしまった出逢いの大きさを
あらためて思い知った。

なんだか目が覚めた気分だ。
さいこーに気持ちいい!!!
ありがとう!
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-05-03 12:02 | 阿呆行脚

股関節と骨盤

こないだの月曜日のNHKスペシャル
「あなたの若さを保つ・鉄人アスリートに学ぶ楽々健康術」

43歳で時速140㎞の速球を投げる横浜・工藤投手や、
39歳で連続イニング出場の世界記録を更新し続ける阪神・金本選手の、
その驚異的な筋力体力の源泉を取材、分析してました。

工藤選手は「すべては股関節」って言って股関節をトレーニングしてて。

「なるほどな〜」、って思うと同時に、
「やっぱりね!」とも思ったんですよね。

背筋、腹筋、脚力、老化による人の衰えがいちばん著しく出てくるのは、脚力なんだとか。
脚力の衰えは、股関節、大腿部周辺の筋肉の衰え。
でも、外側の筋肉だけじゃなくて、骨盤の中に食い込んでいる筋肉も鍛えてないと、
あんまり意味ないんですよね。

剣舞でもなんでも、踊りが上手い人の踊りって、
股関節が強靱で自由度、制御能力が優れている気がしません?
○元さんの踊りなんか、ビデオを見ると、それをむかしから常々モロ感じてたんです。

舞踊は「すべては腰」ってことになると思うんですが、
これ、物理的に言えば、骨盤、骨盤まわりの筋肉のことだと思うんですよね。
丹田に力をあつめるのも、骨盤周りの筋肉を意識的無意識的にぜったい使っていると思う。

むかし、モノクローム・サーカスの坂本公成さんや森裕子さんと
いっしょにしごとしたときも、
彼らの事前の入念なストレッチとトレーニング、
なかでも骨盤まわりをゆるめたり、刺激したり、鍛えたりする一連のエクササイズには、
なにより動かしているととても気持ちが良くて、すっごいゆるやかで、
解放された気分になって、
そしてニュートラルな心持ちでリハに入っていける。
骨盤まわりってたいせつやな〜と、勉強になったものでした。

ところで、工藤選手の、骨盤まわりの筋肉強化のトレーニングを見てて思ったんですけど、
強度の差はあれ、このトレーニングって、スクワットのバリエーションでありまして。

つまり、やってることは民舞と同じことやん!!って。
日本の民俗舞踊の、特に男性系統のものって、ほとんどスクワットのバリエーションですよね。
剣舞はその極地だと思う。
しかも、民舞はあんなふうに無機的に自分を追いつめる風でなく、
囃子にのって楽しくやれる。
鍛えるためでなくて、踊りたいからおどっているうちに、
知らず知らずのうちに、かなり鍛えられているんではないかな、と。
スポーツ選手は足首に負荷のなんか着けて、剣舞やったらいいんじゃない?
とか思ってしまった(笑)。


さてさて、blog更新は、既になっていますが
しばらくちょびちょびツーツー歩きになると思います。
このblogは踊りとケンキュウ話中心というスタイルをくずしたくないので。
別に、ikehiroのマタニティてんてこ舞日記を始めました。
そちらは踊りに関係ない、妊産婦の家庭的な?雑談話です。
そちらの方も、よかったらのぞきにきてやってください。
ではでは。
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-04-19 09:45 | 雑談

読書の春妊婦の春

図書館で妊娠関係の本で面白そうなの、かたっぱしから読むまいにち。

大野明子著
『分娩台よさようなら』っていう本、読みました。
ぜんぜんからだを仕事で動かさない今どきの生活、
ツルンと安産で生むコンディションにするには

1日3時間歩くこと

ーーーと書いてあります。
マジですかーー??(O_O)
でも、この本1冊とおして、
会陰切開や安易な陣痛促進剤、帝王切開を行わず、
妊産婦とじっくり向きあい、胎児に危険がないぎりぎりまで、
しぜんに産み落とすお産を推奨する彼女の産科医としての知見は、
とても中身濃くて、説得力があって、
うむむ、なるほど、と腑に落ちることばかり。

妊娠知ってからいきなりツワリがひどくておろおろする毎日でしたが
この本を読んで、おちつきました。
色々特殊でまれな状況をのぞいて、
安産になるならない・じぶんの納得のいくお産になるかならないかの決め手は、
すべて、自分のこの妊娠生活にかかっているんだ、とわかって。
そうすると、うひゃーえらいこっちゃと思う反面、
最初期の「お医者さんおねがいします」の頼りきり何一つできない情けないじぶんから、
自分にも、じぶんのこと=お産のことで、できることがある、
とわかったことで、なんだか妊婦のやりがいというか、とても充実した気持ちになりました。

しかーし。
1日3時間はねえ。
とりあえず、論文でなまったからだのならしに、1時間から始めてます。
もちろん、妊娠前よりペースは多少おとして。
やっぱり、妊娠前にダンスとかやってからだ動かしていた人の例をきくと、
ただ安静にしているだけでは「うーームズムズするっ!何か、妊婦でも動いていいことを!」
と誰しもかんがえるようです。

しかし、高体温期の今、ただでさえねむくてねむくて仕方がないのに、
歩いて帰ってくると、バタンキュウ。
日中2,3時間は余裕でいつも寝てしまう。ほんとに毎日よく寝てる。気がつくと寝てしまう。
こんなんで歩いてる意味あるんだろうか、、、とは思うけど、
でも妊婦にありがちな便秘は改善するし、腰がしっかりしてくるのが明らかにわかるから
姿勢を保つのもだるくないし、
1時間歩いて2時間寝るーーー安産につながるかわかりませんが、
とりあえずしばらくこれできるだけやってマス。
と言っても、山際という環境上、天気が変わりやすいので、いつも歩けるとは限りません。(Q_Q)↓
キリがかる、冷気が押し寄せる、強風ふきあれる、、、
安定期入って体温も少し下がってきたら、徐々に歩く時間も増やしていこうかな。

しばらく「阿呆行脚」日記はしめて、
別に妊婦日記ひらこうかなあ。
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-04-11 18:23 | 雑談

長野大北はようやく春いちばん

《その1》
韓国出身で、同じゼミだった子から、
韓国重要無形文化財、「僧舞」の保持者、李梅芳(イー・メバン)氏のDVDを借りてみた。

感動よふたたび。
すんごいです。
ただもんじゃないんです。
かつて96年に、京都の枳穀邸で実演を運良く拝見したとき、
涙があふれてとまらなかった。

舞踊をみてあんなに泣いたのは、あとにもさきにもあれが唯一だな。

サムルノリを習いに行ったともだちから、ほどなく「彼は男色だよ」と聞いたときは
ハタ、となったけど。
僧舞、女性の舞踊家もおどられれてますが、やっぱり、
年とって、しかも男性でって、いいですね〜〜〜。
道化は男性がピカ一だけど、宗教的な踊りも、
やっぱり男性の方が性的な主張を感じなくて、いいなーーとうらやましくなってしまった。

《その2》
昨夜のNHKスペシャル、松田聖子特集
見応えありましたねーー。
誰に何を言われても、
45歳になっても、
“永遠のアイドル聖子ちゃん”
「好きだから、つづけてきた。」というその一言とその一心の表情。
なんだか泣けてしまった(笑)。

ここのところ、「踊らないー?」って誘い、何件かいただきました。
すんごいうれしい。うれしかった。
もう、おどりたくってさーーーーーーーーーーーーー(+_;)
遠方かられんらくをいただくと、ほんとに、うぉーがんばるぜーーーっと思う。
おどりたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!

修論の一歩先がまだまだぜんっぜん見いだせず、
それどころか 相変わらずツワリに翻弄される毎日。
(しかーし、足腰鍛えて安産で産んでとっとと踊りたいと、ウォーキングをはじめた。
大町は田舎すぎてウォーキングしている人なんて誰もいないので奇異な目でみられるが。)

なんだかアカデミズムもただいまちょっと疲れていまして(飽きっぽい?意思が弱い?笑)
やっぱり今後はすぐにも京都戻っておどろっかな〜
わたしにはやっぱり踊る阿呆人生がいちばんだよなとか。
アカデミズムは権力。
芸術の方向って必ずしも、より良き方向にしぜんといくわけじゃないでしょう?
必ず権力が干渉する。
だから、より良き方向に行くには、下からも上からもテコ入れが必要だと思うわけ。

でも、上と格闘するのは、ほんとしんどいというか、出口がみえないというか、
アホらしくなってくるというか。
鼓童に行った友人は、
「アートが世界を変える可能性を信じて」いるのだと言った。
それを聞いた当時も今も、わたしはそこまで断言公言できるほど、
じぶんがやっていることに自信がないのだと思う。
んで、昔なら、心のままに、その時やりたいように、そのときベストだと思ったことを
やってきただけだし、
修士に行ったのは、
とりあえず、上に食い付くひとがいないなら、わたしがやろう、と思った。
めちゃたんじゅん。
でもな〜
やっぱり地に足ついた生活で、成功とか名誉とか、権力とか関係なく、
「下」で地道にそういう活動していく方が、
人の道としてよっぽど幸せだし、まっとうかも、しれない。

「そういうふうに思ってしまう人は、研究者にはなれませんよ」
お茶大で何人かの先生に言われたなぁ。

要は幸せかどうかですね。なんてカンタンでむずかしい。

とか言ってたら、ダンナに「マジかよ〜〜〜っ。またー?よく考えてね」
とあきれ顔で釘をさされてしまった。
もっともであります。
この10年、幾度方針替えをしてきたことでありましょう。
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-04-10 13:36 | 雑談

タイミングが良いんだか悪いんだか

ご無沙汰しとります。
先週末は、修士の学位授与式でありました。



c0057952_14571434.jpg













え〜っ。
博士は。
じぶんの研究計画がまにあわず、指導教官選びにも亀裂が入り、
今回は、あいなりませんでした〜。
(テーマがまだ広すぎて壮大すぎて、絞らないとダメなのに、それがようできん…)
この間研究発表の機会4回。
発表するたびに内容がちがうっていう(笑)
それでようやくまともな体裁ととのったようなもんですから。
ま、論文提出日から書いたようなもんにしては、よく卒業できたな、というもんでありまして。
あれから怒濤にパソコンやり過ぎて眼も肩も首もよれよれ放心状態。

んで。
今年は。

産休。

つくろうと思ったらすぐできた(笑)
拒食症で2年間ぐらい生理ストップしてた時期があったので
ちょっとはらはらでしたが、なんも問題がありまへんでした。

周囲には
「博士なんかいつでもあとでもとれるんだからっ!」
「ちょうどよかった!」
と言われまくってますが。

週末からゲロゲロへろへろでっす。
摩訶不思議物体確認済。げんざい7週。すでに心拍作動中。

酸っぱいもんばかり食べる、、、これは「食べたい」というより、
それしかノド通らない、それがいちばんマシってかんじだからですねー。

春休みは京都と岩崎踊りに行こうと思っていたのにーーーーっ(+_;)
いろいろな計画がすべておじゃんだ。

しかし、授かりもんですから、ありがたく、
このヘビーなつわり、既に気持ちわるくてなにもできない状態=寝てばかりですが
なんとかがんばってまいりたいと思いまっす。
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-03-27 15:17 | 雑談

一生にいちどは

こんにちは

21日の論文締め切り、間に合わず、あいかわらずまだ論文やってマス。
締め切り間に合わないで、だいじょうぶなのかって?
学校の規定というものは、厳格な部分や、ものすごくゆるい部分や、いろいろあるようで、
そんなゆるい部分の抜け目をかいくぐろうとすれば、
こんなかんじなわけです。「こんなんでは納得いきませんカラ」とか言っちゃって。
しかしほんと、ようやくじっくり熟した考察ができる段階になってきました。

思えば1月15日から、ぜんぜん締め切り無視しまくっているなぁ。


しかし今日は、気分転換! 久しぶりに外出をしてきました。
ダンナとドライブ。
一路長野へ。

目的地は
善光寺。

c0057952_22544153.jpg


今日は吹雪いて、さむかった〜〜〜(>_<)

岩崎の方では、一生にいちどは、男性は伊勢参り、女性は善光寺参りをする、と聞いて、
近くにそんな名所がありながら、ぜんぜん興味を示さなかったわたしも、
なんだかだんだん行きたくなってきて、
ちょっと門前で買いたいものもあったので、初に行ってみた。

ちなみにダンナはこども達を社会科見学連れてきたとかでガイドさんのようでした。(O.;)

お目当ての買い物は、と、ある人から頼まれていた、善光寺百草丸。
昔ながらの胃腸薬らしい。
けれど、門前をさがしても、御岳百草丸ばかりで、
うーーん、頼まれたのは、善光寺百草丸だからなぁ、と思い、老舗という店にいったら、
そこの百草丸は雲切百草丸となっていて、うーーん、まぁ、これにしよう、と買うことにして、
お店の人と話したら、善光寺百草丸は雲切百草丸という名称に変わっていたことが判明した。
しかも、製造元は御岳百草丸と変わらなかった。 …(*_*)…これはいったい。
ダンナいわく、御岳百草丸なら、わざわざ善光寺まで行かなくても、
長野県内ならどこでも売っているんだそう。百草丸にふりまわされたのでした。


寒くてなんだかゆっくりのんびり散策はできなかったけど、
京都で親しんだような、「民家カフェ」みたいなんとか、陶芸置いてるカフェとか、
面白そうな店やがんばっている人たちがここにもいるんだなあ、
と思ってちょっとワクワクした。

グリーン&花屋さんでみつけた容れ物が気に入り、
ようやくベトナムで買ってきたロータスの造花が、日の目をみることになった。
c0057952_22564555.jpg

そしてフェイクいけばなに勤しみ、一日がふけてしまったのでありました。
や、やばい。こんなことしてるから、またギリギリでばたばたするんだ。
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-02-24 23:18 | 雑談

これはお買い得です

さいきん、「1日でも長く岩崎滞在を」と、
身分不相応に新幹線つかうこと多くなっていましたが、
13歳で使って以来ハマり、いつも旅にはこれ!長年のわが友、青春18きっぷは
今春めちゃくちゃお買い得なもようです。


平成19年4月1日にJRグループが発足20周年を迎えるにあたり、
「青春18きっぷ」を、この春限定の特別価格にて発売。
全国のJR線の普通列車が1回1,600円で1日乗り放題。
1人で5回分または5人までのグループ利用ができます。
発売期間:平成19年2月20日〜平成19年3月31日
利用期間:平成19年3月1日〜平成19年4月10日

すごいーー。
いつも12,000円以上しているのが、8,000円。
しかも、たしか春の利用期間って、いつも3月20日過ぎから4月10日でしたよね。
それが3月1日から一ヶ月以上の利用期間!

これはもう、どっか行くしかないでしょう  ウハウハ わくわく(^o^)
ーーーと、ikehiro的には思うのでありました。
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-02-17 13:42 | 阿呆行脚

提出へのはるかな道のり

いつもは新宿ー大町、高速バスで片道3700円
暖冬だとはいえ、なにかあればすぐぱらっと雪が降る雪国をぬけて、
こんなにしょっちゅう東京に出るのは、
「え?これから東京なんですか?ここを抜けて?なんてうらやましい」
「なんて贅沢」
という話に、地元の人にしてみれば、なるらしい。
いや、自分で借金背負って行ってるんですから。

以下はパニック症候群&アホアホマヌケな一学生の、論文提出までの、
はるかな道のりの珍悲喜劇であります。

c0057952_938949.gif


1月15日の提出をひかえた1月10日あたり。
池袋で東上線の改札を抜けようとしたら、定期がみあたらない。
定期で改札、はいったんだけどなぁ。
論文の下書き読みながら、ぶつぶつ改札入って、それから記憶ない。
その定期は、前日に買ったばかりのものだったのになくしたか?\(__ )

駅員さんに理由をいって、20分ばかり、目の前でいろいろ探しても出てこなくて、
観念してもらい、出してもらう。
年末には、学生証をなくしたばかりであったのに、
買ったばかりの定期券までなくしたか。。。
と思ったら、翌日ポケットから出てきた。
なんなんだ〜。

1月15日提出日。学務課に17時厳守!
前日になってもぜんぜんおわるみとおしつかず。
高速バスはあきらめて、ぎりぎりまで書いて、松本まで出て本数の多い特急あずさで、
大町ー松本ー新宿ーお茶大をめざすことに。

ダンナに。
「なんか事故とかおきて遅れたらたいへんだから、2,3本前の電車で、余裕をみていった方がいいよ」
と言われていたにも拘わらず。
おわらなくてね〜。
しかも、例によって、出かける直前にノってきてね〜。
わたしは、ぎりぎり発ぎりぎり着の便でも、良しとしよう!とやってしまったんですねー。

終わってないけど、とりあえず出すだけこの日は出さないと!
というわけで、ばたばたと仕度をし、
発車5分前に大町駅に着く。
しかし、階段をわたって、ホームにきても、でんしゃはなく。
そこでまた、論文をとりだして、ぶつぶつと読み始めたんですね。
おかしいなー。電車こないなーなんて思いながらも、論文に夢中なわけです。

そしたら、気がついたら、電車がわれの前を通りすぎていくわけです。

(◎-◎;)?(◎-◎;)?(◎-◎;)?(◎-◎;)?

なんと、その目当ての列車は、ずっと階段のかげというか、奥に停車していて、
わたしは階段をおりて前方へそのままツツツーっと進み、電車を待っていたのでした。
あんまり電車つかわないから、ぜんぜんわからへんかった。
前の駅から、直前に来て、ホームに停車するものと、てっきり勘違いして、
論文に没頭してしまったのだ。
ボーゼンikehiro.
列車が通り過ぎた瞬間、
きっと、ものすごくマヌケで情けないカオをしていたことでありましょう。

これに乗らなきゃ、17時提出に間に合わないっ!!!!!=卒業できない!

改札にものすごい勢いで走って戻って、
「きっぷ精算っ!あの電車タクシーで追っかけますからっ!」
「あの列車を追えーーーーーーー!!!!」
叫ぶikehiro.
むげもなく「車では、松本まで、どうやったって追いつけませんよ」と言う駅員。

「どうしても、どうやっても、17時までに着きたいわけですか?」
「はいっ!どうしてもっ!」
「どんな手段をつかっても?」
「はいっ!どんな手段をつかっても、とにかくっ!!」

どうしたか。

「お金かかりますが、ここから長野までタクシーで出て、長野新幹線でいけば、
余裕で17時までに着きますよ」

そう。
大町から長野というのは、山道爽快なドライブウェイでありまして。
その所要時間はちょうど1時間。
電車は通っていないのデス。路線バスは1日2本あったかないか………。

"1時間分のタクシー代って!!?”(◎-◎;)?(◎-◎;)?(◎-◎;)?
1万円か?!2万円か!??!

いっしゅんたじろぐikehiro.
しかし、2万円の出費と、また来年度1年間分の授業料と、はかりにかけたら、
反省は後でするしかないとして、そんなことにたじろいでいるバヤイではないぞーーっ!!!

っと、じぶんにはっぱをかけまして。

タクシー乗りました。
運ちゃんんはとつぜんの上客に、いかにも嬉しそうやったなぁ。
銀世界の山道ドライブウェイが、いかにもキレイで、そして眠くて、あまりにもせつなかったなぁ。
出費16,000円也。 \(__ ) ハンセィ
新幹線、乗りました。
6,000円也 (_ _ )/ハンセイ ドツボ

おかげさまで、余裕で15時過ぎにお茶大に着きました。
しかし17時提出はかたちだけで、その後の壮絶な物語の結末は、
前に書いた通りであります。
こんなに出費して、それでもけっきょく審査でダメであったら、
さらに落ち込んでいたことでありましょう。

いいですか。
時間には余裕をもって。
今度こそ。ェ(__)ェ (パニック症候群&懲りない症候群は、治るのかいな?)
[PR]
# by hiysalah008 | 2007-02-13 10:06 | お茶大&お勉強